夏の特別保育2-32016/08/10

2回目の夏の特別保育、最終日です。

すっかり遊びの要領を得た子ども達は、朝からおうち作りです。

飽きもせず毎回同じ遊びを・・・と大人は思いがちですが、
同じことの繰り返しの中で、安心感を覚え、秩序を見出し、新しい遊びを発見していくのが、幼児の遊びであり、大事なことですね。


さて、その横では、年少さん達が木の馬を使って、お話を作っていました。

女の子達は、遊び布から好きな色を取り出して、おめかしです。

小学生の男の子たちは、がっちりした頑丈な家を作りました。

「人魚姫なの!」
小学1,2年くらいまでは、まだまだファンタジーの中で楽しく遊べます。
さすが、衣装が細部まで凝っていましたよ。


午後からは、朝とは違う間取りのおうちが出来上がっていました。
大きい子達は、小さい子も入れて、お話を聞いてあげたり、
優しく諭したりしてくれていました。

異年齢の交流は、いいですね。

普段はあまり一緒に遊ぶことのない年齢の幅なので、
小さい子は大きい子の頼もしさ、優しさ、知恵の多さを学び、
大きい子は小さい子の無邪気さ、可愛らしさ、大目に見てあげるさじ加減などがわかりあえるチャンスです。


お姫さまの館。
こちらは華やかな世界です。

さて、いよいよ劇ごっごの始まりです。


配役はいつも通り、立候補制。
偏ることなくスムーズに決まりましたよ。

小学生の男の子達が「何でもいいよ。」と言ってくれたので、
(投げやりじゃないですよ、オトナな対応)
足りないところを二役やってもらうことにしました。

遊び布の衣装を着けて、役を表します。
出番のないときは観客です。


「ちょうちんごっこ」

皆で「ちょうちんのうた」を歌って、はじまりはじまり~。

少女がちょうちんを持って楽しく歩いていました。
すると、風がちょうちんの火を消してしまいました。

「誰かちょうちんに火をともしてくれる人、いないかしら?」

ハリネズミがやってきましたが
「わたしはおしえてあげられない。」

クマさんもやってきましたが
「ほかのひとに、おききなさい。」


キツネは言いました。
「なにをしているんだね?はやくいえにかえりなさい」

少女が座り込んで泣いていると
お星さまが言いました。
「おひさまにおききなさい。おひさまならおしえてくれるだろう。」

途中で、糸つむぎのおばあさんに会いました。
「おひさまのところへいくみちを、しりませんか?
 わたしといっしょに、いってくれませんか?」
「わたしは、いとをつむがなければならないのだよ」
おばあさんは、少女を家で休ませてくれました。

靴屋のおじいさんに会いました。
「わたしといっしょにいってくれませんか?」
「わたしは、くつをなおさなくてはならないのだ。でも、ここでやすんでいきなさい。」

元気になってお日様のところにきた少女は、眠り込んでしまいましたが
その間にお日様が、ちょうちんに火をともしてくれました。

喜んだ少女は
おじいさんや、おばあさんにも火を分けてあげて、
野原に帰ってくると、
まぶしい光に驚いて動物たちが、覗きにやってきました・・・。

そして少女は嬉しそうに、おうちに帰りました。

という、お話です。

少し長いお話なので、セリフは覚えにくかったようですが、
教師の言うセリフに合わせて、一生懸命しゃべろろうとしてくれました。
もちろんセリフが言えなくても、何の問題もありません。
劇の世界に入って、楽しめればそれでいいのです。

大きい子のきちんとした動きやセリフに、小さい子達が注目したり、
小さい子が動く姿が可愛らしかったりと、見ている方も楽しめました。

これで、3日間の特別保育はおしまいです。

この後は、こびとのおうちも1週間のお休みです。
夏風邪で体調を崩す子もいましたので、
冷えすぎないよう、お元気でお過ごしください。

参加して下さった皆様、ありがとうございました。
冬休みにも、特別保育を企画する予定ですので、お楽しみに!

                    こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

夏の特別保育2-22016/08/09

2回目の特別保育2日目です。

朝、やってきた子達が集まって、またまたおうちを作り始めました。

男の子たちは、そのお隣りに作ることにしたようです。

おままごとの道具や、おもちゃの取り合いになるトラブルはなく、
上手に穏やかに遊んでいました。

自由遊びの傍らで、
明日の劇ごっこのための「ちょうちん」を作っていきます。

枠を貼って、中を好きな色で埋めていきました。
小さい子は教師がお手伝いします。

真っ直ぐ隙間なく貼ってね、というと、
慎重に慎重に貼る子もいれば、途中で集中力が途切れたのがわかるくらい
途中から、大きな隙間が空いている子も。
「ここ、ちょっとやり直そうか。」というと、
初めて気づいたかのような顔をする子もいましたよ。

大きい子は、好きな色を考えながら、
小さい子は、貼ることを楽しんでいました。

好きな色の傾向がわかるようですね。

さあ、きれいなちょうちんがたくさん出来ました。
「ちょうちん」を知らない子もいたのですが、
見ると、「あー、中に火を入れるんでしょ?」と分かったようです。
実際に火を入れるわけではありませんが、持って歩くだけでも、
嬉しい気分になりますよ。

明日の劇ごっこが楽しみですね!

            こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

夏の特別保育2-12016/08/08

今日から、第二回目の夏の特別保育が始まりました。
こびとのおうちに通っているお友達と一緒に参加する子や、
久しぶりの参加の子もいて、
やはり最初はもじもじとして、おとなしい感じです。

一人の子が「おえかきしたい」と言うので出してあげると、
やりたい子達がテーブルに集まってきました。

すると何となく、緊張がほぐれたようで、絵を見せてくれたり,
お友達とおしゃべりする子も出てきました。

小学生の子は、ひとつひとつおもちゃを試しながら、楽しそうな遊びを探しています。
そして、初めて会った子でも気が合うと、一緒に遊んでいました。


さあ、今日の主活動は「スライム作り」!!

「スライム」を知らない子がほとんどで、
知ってる子もいたけど、みんな自分で作るのは初めて。
小さい子は何が始まるのかわからないけど、期待でワクワクして座って待ちます。

最初に好きな色で色水を作りました。

洗濯のりを投入~。
スプーンに5杯を数えてもらいました。
かき混ぜ方も、上手です。
もういいよ、というまで、根気よくかき混ぜていました。

さて、ここで「魔法のおくすり」を入れます。
さっきと同じようにくるくる混ぜると・・・・

「わあ!!・・・・」
どろろ~んとしてきて、びっくりするやら面白いやら!


手の上に出すと、どろ~んと垂れ始めます。
「わあー、冷たくて気持ちいい!!」と皆、面白がって触っていました。
じっとしていると垂れるので、
自然に皆、おだんごを丸めるようにきゅっきゅつと丸めていました。


手にくっついて、離れない!!

どこまで伸びるかな~?

見て見て!!こんなに伸びるよ!
気持ち悪がる子は一人もおらず、皆大胆に触って遊んでいました。
確かにスライムは不思議な感触ですよね。


スライムを作り終わって、お片付けの後は
朝のお集まりをしました。
でも、皆もう、おなかペコペコのようでしたよ。

お弁当の後はまたひと遊び。
女の子たちは、朝よりまとまって遊んでいました。
にぎやかなおうちです。

男の子たちは、自分で天蓋を増やして、隠れ家みたいなおうちを作っていました。

「スライムで遊びたい!」と言う子には、テーブルで遊んでもらいました。
粘土の様に、こねたり伸ばしたり、カップに押し付けたりと、
なかなかダイナミックに遊んでいましたよ。

明日は、劇ごっこのための「ちょうちん」を作ります。

                   こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

親子で楽しむ虹染め講座2016/08/05

夏休み恒例の、親子で楽しむ虹染め講座を行いました。

お子さんとはじめて体験する方、
以前、この講座で染めたものが色あせてきたのでと、参加される方や、
もっと増やしたいのでと、来て下さる方など、
親子で仲良く参加して下さいました。

一通りの説明を聞いた後は、1色ずつ決めた範囲を染色液に付けていきます。

染液は黒っぽいけど、青になるの??
染色液につけた瞬間から、色がわかるので
「わー、○色になったよ。」と、声が上がりますが、
取り出して絞ってみると、もっと鮮やかで
「わあ、きれい!!」


親子で協力して、取り組みます。

小学生の子は、お母さんと一枚ずつやってみたり、
就園児さんは、お母さんのお手伝いでいわれたように頑張っていました。

中には、服も手も足も、青く染まってしまった子もいましたが、
それをとても楽しんでいましたよ。


大人たちがやっていることを、興味深げに眺めたり、
染色液をしげしげとのぞきこんだりと、子ども達の興味は尽きません。

お天気がいいので、外に干してゆらしていれば、すぐに乾きます。

サラサラに乾いて、きれいな虹染めの布が出来上がりました。
親子で満足そうに、嬉しそうに帰っていく姿が、ほほえましかったですよ。
参加して下さった皆様、ありがとうございました。

                   こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

小学生たための講座~羊毛でペンケースを作ろう2016/08/04

小学生のための講座で、羊毛のペンケースを作りました。

羊毛を触るのは、初めてではない子達ばかりだったので、
羊毛のフェルト化のことも知ってはいますが、
大きいものを一人で作るのは、初めての挑戦だそうです。

皆、少々緊張気味で、終始静か~に進んでいきました。

好みの色を選ぶのは、早かったですよ。
大人のようにあれこれ考えすぎず、
自分が好きな色の組み合わせかどうかで決められますね。

教師の説明通りに、羊毛を少しずつちぎってはのせていきます。
さすがに小学生は、「同じ厚さになるように」と言われれば、
そのことに注意を払って進めていきます。


それでも、手伝いが必要な時は、素直に聞きいれてくれます。

羊毛をきっちり積み上げて、いい仕事してますね~。


さあ、ここからが本番です。
石鹸水をかけて、やさしくたたいたり、こすったりします。

幼児の頃は、この作業が意外と大変で、腕が痛くなったり飽きてしまって
なかなか一人ではやりきれなかったのですが、
小学生の、中、高学年はほとんどひとりでフェルト化させることができました!

とてもていねいにこすっていったので、しっかりしたペンケースが出来上がりましたよ。

この後は、ファスナーを付けました。
難しいところは手伝いましたが、この作業も黙々とやっていて、
子ども達の集中力に、改めて驚きました!

それぞれの個性がでた色合いです。
頑張った夏の思い出がひとつできましたね!



<小学生のための夏の制作~羊毛でごちそう作り>のお知らせ
羊毛でおいしそうなごちそうを作りましょう。
作品例以外でも、おにぎりやお寿司など、
「食べ物」なら何でもいいですよ。

ニードルでちくちく刺していく作業は、根気はいりますが集中でき、楽しいものです。

お弁当持ちで参加して
夏休みの制作として、午後には紙面にまとめてみましょう。

     日 時 : 8/23(火)10:00~13:30
           10:00~11:45 制作
           12:00~12:25 お弁当
           12:30~13:30 まとめ

     参加費 : 3,780円 (材料費込)
        
     持ち物 : お弁当、水筒、お手拭き、カメラ(必要なら)、筆記用具
          
    お申込み : お電話にてご予約ください。

  お申込み〆切 : 8/19(金)
                   こびとのおうち (052)833-2833
                         http://www.kobito-ouchi.jp