手仕事ワークショップのお知らせ~11月2018/10/01

11月の手仕事ワークショップのお知らせです。

「クリスマスリース」を作ります。



羊毛でりんごを作り、フェルトでポインセチアを作ります。
パーツが出来たら、お好みでリースに飾り付けていきましょう。
赤と白が映える冬を彩る明るいリースです。

※お子さま連れでも、ご参加いただけます!お部屋のおもちゃで遊んでいただけます。


     日 時 : 11/10(土)13:00~14:30
           または
           11/12(月) 13:00~14:30
           
     対象者 :小学4年生から大人の方
         (小学3年生以下の方は、保護者の方とお作りいただけます)
     
     参加費 : 会員:1,944円 一般:2,160円(材料費、税込み)
          ※会員とは・・定期クラスにお子さんが通われている方        
          (各月ごとのお支払いになります) 
     
     持ち物    :フェルトニードルとスポンジ台(貸出もできます)
    
    お申込み : 各開催日の1週間前までにお電話にてご予約ください。
           
                   こびとのおうち (052)833-2833
                         http://www.kobito-ouchi.jp




小学生クラス9月2018/10/08

9月から小学生クラスは、お話に親しんで遊んでいます。
「のはらうた」という本をご存知でしょうか?
「のはらむら」に住む動物や虫や風が、
うたを歌って暮らしている様子をまとめた本です。
こびとのおうちでは、夏前からこちらの本を読み、
のはらむらの世界に親しんで来ました。

9月は自分たちも「のはらむら」に住んで遊びました。
なりたい生き物を決めて、住みたい場所を決めて、住処を作ります。
ごっこ遊びですね!
こちらは、秋の森に住むことにしたりす、ねこ、いぬさんチーム。

布をテントのようにして冬眠できるスペースが確保されていますね。

こちらは春の野原に住むことにしたうさぎさんやとりさんチーム。
ピクニックに出かけているようです。
バスケットの中身はお弁当かな?

こちらは夏の山に住んでいるかぶとむしやかまきりさんチーム。
ついたてや板を駆使して、居心地のいい住処を作り上げました。

蜜を吸いに行けるように、住処を出たらすぐ森が広がっています。

それぞれの住処にお宅訪問もして、おもてなしも受けました!
お土産を持っていくと喜ばれるよ、と伝えると、
その土地特有のお土産を考えることもできました。
現場にある「もの」を駆使して、遊びの場を作り上げる…。

小学生のごっこ遊びは、楽しいけれど、難しさのある活動です。
想像力を働かせるだけでなく、妥協や融通、交渉も必要になります。
固執するばかりでなく、発想の転換や気持ちの切り替えも大切です。
これは、子どもが成長し社会で生きていくための力になりますね。



のはらむらの生き物想定で出かけた、秋探し散歩。

りすさんが喜びそうな、おいしそうなドングリを見つけたり、
乾燥が進んだ木の幹を見て、もう蜜が吸えない…、と、
かぶとむしくんやクワガタくんが凹んでいたり、
くっつき虫に喜ぶねこさんがいたりと、楽しく遊んできました。

もちろん、公園遊びもね(笑)

10月も引き続き、のはらむらの世界の中で遊んでいます。
自己紹介カードを考え、お顔バッジは羊毛で作り上げ、
自分たちなりの「のはらうた」を描いています。

こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

幼児クラス~子どもたちの遊び2018/10/09

秋になり,恒例の年長児さんの織り機が始まりました。

毎日少しづつ織っていき,織り上げたら素敵な作品に仕上げます。
小さい子にはまだ難しい,年長児さんならではの手仕事です。

週に3~4日通っている子どもたちは,遊びのブームがいろいろあります。
この時はおうちごっこを何日か続けていました。
おうちが進化して,外に洗濯物を干しています。

衝立の窓には飾りをつけて華やかにして楽しいでいました。
ごちそうもたくさん!


いつも同じお友達と同じ遊びをしているわけではなく,
そのとき気が合った子と,遊んで楽しんだりもしています。

年少児さんや年少前の子は,
まずは自分の好きな遊びを見つけることが大事ですね。
お気に入りのいつもと同じ遊びを通して,少しずつ自分の世界を広げていきます。
自分の世界で楽しめてこそ自分が作られ,
年中くらいになると,お友達とも想像の世界で遊べるようになります。

年少くらいまでは,隣にいて同じように遊んでいても
遊びの世界は共有していない「平行遊び」が多いですよ。

だんだん遊びの輪が広がってくると,お友達とのやり取りが増え,
「一緒に遊ぶ」ことを楽しむようになります。


秋から冬は,子どもたちの内面(心)が大きく成長する時期です。

じっくりと遊んだりお話を聴いたり,絵を描いたり会話をしたりと
いろいろな体験をすることで,
育とうとする力を引き出してあげたいですね。

こびとのおうち (052)833-2833      http://www.kobito-ouchi.jp

幼児クラス~透かし絵①2018/10/10

幼児クラスの水曜日、主活動は造形です。

今日は、光を透かす紙を使って飾りを作ります。

まず、薄紙を手でちぎります。
大きい子は手をだんだん移動させながら、ちぎっていきました。

好きな色もそれそれ違いますよ。

ちぎった紙を順に重なるように貼っていきました。
細長くて扱いにくいですが、何度かのりを使った造形を体験するうちに
扱いも上手になっています。


透かすとこんな感じ!

作っている時はわかりませんが、透かして見ると「うわ~」と歓声を上げた子ども達です。

どの色の組み合わせでもステキですね!

こびとのおうち (052)833-2833      http://www.kobito-ouchi.jp

幼児クラス~お芋掘りのライゲン2018/10/12

10月のライゲン(歌と言葉で表現する季節のリズム遊び)は
おいもほりがテーマです。

お百姓さんが畑に植えたおイモのタネが、どんどん育って・・・
「おいもは土の中で こんなに大きくなりました」
目いっぱい手を広げて、大きいおいもを見せてくれる子ども達です。

おいもほりに行く道はいろいろあって大変です。
水たまりを飛び越え、草のトンネルを抜けて・・・
ハチが来たら「いそいでいそいで!」

楽しくなってスキップも!


畑についたら、お百姓さんにおじぎをして・・・・

二人組でおイモのツルを引っ張りました。
♪うんとこしょ どっこいしょ
 いもほり つちほり うんとこどっこいしょ
リズムに合わせてのひっぱりっこは皆大好きです。
初めはきょとんとしていた小さい子達も、リズムに合わせて
前後に動けるようになってきました!

掘ってきたおいもで、おいしいものを作りましょう。
♪おいものスープをたーべにきてください はい、こんにちは
丁寧なお辞儀も見よう見まねで・・・。

♪ざーく ざーく ざっくりこ
 ぐーら ぐーら ぐーらぐら ほーら もう できた!
おいものスープ、おいものご飯、おいものケーキにおいものプリン。
子ども達からも、作りたいものがたくさんリクエストできるようになりました。


最後は焼き芋じゃんけんをしています。

♪せんせいと じゃんけーん ポン!!

「かったー!」「あいこだー!」
小さい子達は、出すのを楽しみ、大きい子は勝てるように駆け引きを考えます。
じゃんけんの楽しさ、公平さがわかると、色々な決め事も楽しく使えますよ。

こびとのおうち (052)833-2833      http://www.kobito-ouchi.jp