小学生クラス8月2019/09/08


小学生クラスの8月は、子どもたちが大好きな実験月間でした。
今年度は、春に摘み取ったマリーゴールドでする染物実験です。



実験その①
「綿布染めとタンパク処理した綿布染めの違いについて」
以前から染物について絵本などを読み、タンパク処理の体験もしてきました。
マリーゴールドを煮出した染液の中に、2種類の綿布を沈め、
コトコト煮詰めました。



準備した媒染液につけて、色を定着させます。
パッと色が変化する楽しい時間ですね。

こちらは綿布のみ。



タンパク処理した綿布。
色の違いは明らかでした。



そこで、一枚のハンカチの中に、
タンパク処理した部分としていない部分を使って絵を描きましたよ。



白い布に、白い豆乳で絵を描くので、不安げな様子なこどもたちでした。



「あ、染まってる!」「色違う!」「絵になってるよー!」



一人ずつ自分のハンカチを大切に媒染液につけました。



洗って絞って、ピンとのばし、干しました。



干された様子を見て、満足げな子どもたちでした。



染めたハンカチは、縁縫いをして持ち帰りましたよ。
最初から最後まで自分で作り上げた、世界に一枚のハンカチですね!



小学生クラスでは1年生から6年生の子ども達が、
様々な体験や実験を通じ、手を使い、感覚を刺激し、
心を動かす経験を積み重ねています。 

*** 2019年度 小学生クラスのお友だち 募集中 ***

       詳しくはお問い合わせください。


こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

コメント

トラックバック