小学生クラス4月2018/05/14

2018年度の小学生クラスが始まりました。

4月の活動は、土粘土あそびです。
粘土の山を順番に触って、土粘土の感触を感じていきます。
「冷たい!」「やわらかーい」「ペタペタしてる」
恐る恐る指先だけ触る子、両手でがっつり触る子、と性格が出ますね。

粘土山から、自分の手のひらにおさまるだけの粘土を取って、
手のひら全体を使って丸い球を作っていきます。
どこから見ても美しい球になるように、
多方面から土粘土に向き合ってね。

上級生はさすがです。
こんなに丸くてツルツルの土団子になりました。

低学年の子は新年度ということもあり、集中が続かず…
球ではなく楕円だったり、
凸凹がたくさんある球になってしまったり…。

そんな時には!?
巨大すべり台の登場です。

自分の土団子を転がしてみました。
丸いと思っていた楕円の球は、がたんごとん、
とスムーズに転がりませんでした。
凸凹の球は途中で止まってしまいました。
何度も微調整して、自分なりの球を作り上げた子ども達です。

もちろん、滑り台もいっぱい楽しみましたよ。
少しぐらいの歪みなら、力を入れて加速させるとまっすぐ滑る、
ということに、気付いた子もいました。

繰り返すたびに工夫をして、発見をすることも、
小学生だからこそ出来ることです。
発見までの時間も大切にしていきたいですね。

作り上げた土団子は、ガラス瓶で磨いたり、ビニール袋でこすって、
ツルツル団子に仕上げます。

3週間かけて磨き上げた土団子です。
時間を重ねるごとに集中力が増し、無心に磨きこむことができるようになりました。

みんなで土団子見せ合いっこしたよ!

みんなステキなお団子ができあがりましたが、
最初の土団子を作る際に、容量の把握に苦戦する様子がみえたので、
遊びの中に、容量の予測ができる体験を追加して楽しみました。

自分の感覚を頼りに、粘土をとり、
道具を使って自分の感覚がどれくらいあっているかを確認してみます。

gの単位を知っていること、目分量や感覚で量をつかめること、
どちらも自分の力にしていきたいですね!

大中小の団子を使って、自分の顔を作り上げました。

自己紹介を兼ねている顔です。
みんなの特徴がよく出ている、かわいい顔になりました。
粘土のお顔もニコニコおしゃべりしているようです♪

こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

小学生クラス3月2018/04/06

小学生クラスの3月は、季節の行事体験から始まりました。
愛知県の桃の節句に供える「おこしもの」つくりです。

熱湯を入れるので「あっつい!」と、時々指を冷ましながら
指先でこねています。

さらさらの粉がもちもちの生地になりました。

おこしものの型です。
木型から起こすから、「おこしもの」というそうです。
型に生地を押し付けて、整えてひっくり返すと…。

「おこしもの」になります。
色生地は、かぼちゃとむらさきいも、抹茶で作りました。

型を使わず、自由造形も楽しみました!
ほんのり甘くてとてもおいしかったですよ。

小学生になると、季節の行事から縁遠くなりがちですが、
子どもの心に残る感覚は、季節と深い関わりがあるようです。
米粉の匂い、手触り、蒸し器の湯気、味、食感、
頭で得た知識だけでなく、実際に作ってみると発見もたくさんありますね。

年度末の総まとめは、毛糸を使った製作です。
毛糸を自由に使って、羽ばたく鳥を描きました。

鳥の形に毛糸で縁取り。

毛糸で色を塗るように埋めていきます。
どの子も迷いなく、自分の作りたい鳥をイメージしていました。
どんどん、鳥に羽の色が付けられていき、使いたい毛糸をお友達が使っている時は
「待ってる」ほどでした。


毛糸の優しい手触り、あざやかな色を味わいながら、
すごい集中力で黙々と作り続ける子どもたちでした。


選ぶ色、毛糸、使う場所、ひとつとして同じものはなく、
子どもたちの感性や個性がかがやく素敵な作品ができあがりました。

新年度に向かって、羽ばたいていく子どもたちの姿が重なりますね。

1年間通して体験してきたたパステル画をまとめて子どもたちへ渡します。
最後に描いたパステル画は、桜の木。
今年の桜は早くに咲いて、あっという間に葉桜に向かっていますが、
子どもたちが描いた桜は、ずっと美しく咲き誇っていますよ♪

こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

小学生クラス2月2018/03/15

小学生クラスの2月は鏡で遊びました。

いつも近くにあるのが当たり前の鏡ですが,意識せずに使うことも多いですね。
鏡でいろんなことができるんですよ!





合わせ鏡で・・・・。
どうしたら、背中の文字が見えるか、みんな試行錯誤しています。
遊び始めるまでは、「わかるよ!」「できるよ!」
と,自信満々でしたが。
頭で考えていることと、実際に身体を使って体験することは
全然違うことに気づいた子どもたちでした。




覗き込んで…見えるかな?

鏡を見ながら書いた、鏡文字。
応用して、暗号文を作って遊びました。


姿見を使って、「旗揚げ」ならぬ「右手左手揚げ」ゲームです。
鏡に映った自分が、言われた方の手をあげるように、
手を動かします。

右手をあげると、鏡の自分は左手をあげるので、いつもの感覚と違います。

鏡を使って怪獣探し!

いろんな怪獣を見つけることができました。


他にも
画用紙とプラスチック板を使って鏡作りをしたり,
鏡を使って絵を描いたりもしました。

森を散歩しているくまさんかな?

お花畑や、学校で遊んでいる自分を描いた子や、
バースデーパーティのワンシーンを描いた子、
線路を走る電車を描いた子など,
いろいろな絵ができました。

鏡を使うと、対照的な美しさと奥行きのある素敵な絵になりますね。

普段何気なく使っているものでも,
見方を変えると新鮮だったり扱いが難しかったりします。
こういった体験を通して,柔軟な発想や臨機応変できる感覚を育て,
行動にも反映できる人に育って欲しいと願っています。

こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

小学生クラス1月2018/01/31

小学生クラスの1月は「伝承遊び」を楽しみました。
伝承遊びは、昔から受け継がれてきた日本古来の遊びです。

「カルタあそび」に「おはじきあそび」



「コマ回し」
パステルで色を付けた美しいコマです。
芯の長さは、回しやすいバランスを考えて作りました。

「福笑い」
チーム戦でそれぞれの顔を完成させました。
目隠しする時は少しドキドキした様子。
「うまくできるかな…?」
指先の感覚に神経を集中させて慎重に!

「ぽっくり競争」
いろいろな歩き方でバランスをとって競争〜!
ゴム跳びも、汗だくになるほど楽しみました。

伝承遊びには、
指先を使う、聞く、反射的に動く、感覚を研ぎ澄ます、バランスをとる、
お友達の動きを見る感じる、声をかける、励ます、ルールを守る・・・などなど、
身体や心を作っていくのに必要な要素がたくさんあります。

今回は特に集団遊びで皆で楽しみました。
昔ながらの集団遊びの中で子どもたちは、お互いに譲り合ったり助け合ったり、
自分の思い通りにならないこともある状況に陥ったりする中で、
たくさんの感情を体験して、社会性や感受性を育んでいきます。

「風船羽根つき」
形の違う風船を人数分用意して、バランスを体験しました。

円になって全員に風船が渡るように、打ち返していきますが…。
風船の形によって意外な方向に飛んで行ってしまうことも!
風船に翻弄されるのが面白く、笑いが止まらない子ども達でした。

バランスの取りにくい風船を、羽子板から羽子板へ。

渡す人も受け取る人も細心の注意を払って、協力しないと成功しません。
自分と他人の距離を測ったり、相手がとりやすいような動きを考えてあげたいですね。


身体を使って遊べ、うまい下手はあまり関係のないのが伝承遊びのよいところ。
思い切り動いたり笑ったり、普段の遊びにもぜひ取り入れてほしいですね。


こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp

小学生クラス12月2017/12/27

12月の小学生クラスは、季節の行事を楽しむがテーマでした。
何をするかを子ども達で相談して,決まったのが「クリスマス会」の開催です。

どんなクリスマス会にしようかな?
意見を出し合います。

だんだん話し合いが白熱!?
     ↓
子ども達の距離感が上の写真と全く違います!
自由な意見が飛び交いすぎて…まとまらない場面もありましたが(笑)
頭を突き合わせての相談はかわいかったです。

ピンクのラインは歌、
黄色がゲーム、
絵本の時間とプレゼント交換もあります。
ゲームの一つはクリスマスバスケットをすることになりました。

自分たちで考えて準備もします。
「チーム分けしないと」
「なにチームにする?」
「トナカイ!」
「ツリー!」
「ケーキ!」
「サンタ!」
「アドベントカレンダーもあるよ」
全員がイメージするクリスマスを発表したら、
クリスマスに対してのイメージがそれぞれ違うなど、
新しい発見もたくさんありました。

最終的にはイラストにしやすい3チームになりました。
チーム分けのペンダントを作ることを決めて、
画用紙の形、サイズ、イラストも自分たちで考えて作りました。

プレゼント交換ためのプレゼント作り。

素敵なクリスマス飾りが出来ました。

この季節には恒例のろうそく作り。
芯になるろうに、緑のろうをディッピングします。
恐る恐る、慎重に、丁寧にと手を動かしていましたよ。

ろうそく立ては森のイメージで、枝を貼り付けていきました。


クリスマス飾りをツリーに飾って、ろうそくをならべて…。

クリスマス会は「ジングルベル」の歌から始まりました♪

灯りをマッチでともすことにも挑戦!
マッチを使うのが初めての子は、教師がお手伝いしました。

あたたかいろうそくの灯りが煌めく中、
みんなで選んだ絵本を、上級生が読んでくれました。
聞き入っている子ども達の様子が素敵でした。

自分たちで企画して運営したクリスマス会です。
それぞれが自分の役割を考えて、
自分にできることを見つけ,動けたこと…
自信につながっていきますね。



こびとのおうち http://www.kobito-ouchi.jp