造形クラス 9月2019/10/18

9月は、薄色紙を使って、色と色との重なりから作られる
色の深まりと新しく作られる色の面白さ、美しさを
たくさん体験しました。


秋の柔らかな日差しが差し込む窓辺で
光を透した色紙を見ました。


赤・青・黄の三原色から作られる色は・・・



自分で選んだ2色の薄紙を直線にびりびりと破って貼り重ねました。
細い線、太い線にそれぞれの個性がありますね。


窓辺に行き2色から作られる色のハーモニーを確かめながら
更に貼っていきました。
皆、自分の作品を満足げに眺めていましたよ。


四角い形の薄紙でも色遊びをしました。


縦・横の色が同じにならないようにと言う約束で
それぞれ貼っていく色を意識しながら仕上げました。

パッチワークのようできれいですね。

子ども達が出来上がった作品を眺めているときの顔は、
集中からほっと開放された
達成感を味わっているように感じられました。



同じ紙を使って「夏の思い出」を自由に作りましたよ。



美味しい物を、お家の人と一緒に食べに行ったこと
ミュージカルや、アイスショーを見に行ったこと
遠方のおじいちゃんのお家に行ったこと、
広い牧場で農業体験したことなどなど。


今月は、柔らかい日差しを取り入れ静かに色の重なりを考えて
手を動かすことが出来ました。




こびとのおうち造形クラスでは、
年少さんから小学2年生くらいまで(北あじまクラス、緑クラスは6年生まで)、
週に1回、みんなで手を動かしながら楽しく過ごしています。
この時期にしか身に付けられない
手先の器用さ、集中力、応用力、触覚、色彩感覚を
心・体・思考の成長とともにバランスよく育てていきます。

2019年度、今現在、火曜日クラスの空きが2名(ご兄弟の場合は3名まで)ありますので、
ご希望の方はお早めにお申し込みください。

2020年度の募集も始まっています。



こびとのおうち (052)833-2833      http://www.kobito-ouchi.jp


造形クラス 8月2019/10/01

8月は、粘土遊びをしました。


1回目は紙粘土を使って自分たちの顔を作りました。
肌の色や、髪、目、口の色付けをするため混ぜ合わせます。
冷たい感触、ドロッ、ベタッとした感触、
手の平で色んな感覚を味わいます。

顔ってどんなものが乗っているのかな?

まゆげやまつげ、鼻のあな、くちびる・・・
いつもはあまり意識していない一つ一つのパーツも
自分の顔を触ったり、お友達の顔を見比べながら楽しく作りました。


子ども達の作った顔は何とも言えずその子に似ているのが不思議ですね。




次の週は、油粘土をしました。

皆で丸めたお団子を、今度は指先や手の平で伸ばして均等な厚みにします。
パンやうどん作りみたいです。
平らに広げたら、今回は型抜き遊びをしました。
へらなどで模様を付けたり、切ったり。
様々な道具を適切に使うことで、更に楽しく、満足のいく仕上がりになることを
体験しました。


大きな子達は、型抜きをしたものに色々加えて
より自分のイメージを膨らませました。




最後の週はお店屋さんになって商品を作りました。


何屋さんになろうかな・・・

自分がよくいくお店? 
自分の好きなものが売っているお店?
品物が作りやすそうなお店?



お皿の上に色々なケーキを並べたケーキ屋さん、野菜が沢山の八百屋さん、
丸をいくつも作り、櫛団子やお菓子に見立てて、和菓子屋さん、
棒状に伸ばした物を三本編んで、三つ編みパンやメロンパンを作って
パン屋さん、などなど…。




手の中で自由に形作ることが出来る粘土遊びは、
子ども達は大好きな素材の一つです。

粘土は持ち帰りましたので、まだまだ遊んでくださいね。




こびとのおうち造形クラスでは、
年少さんから小学2年生くらいまで(北あじまクラス、緑クラスは6年生まで)、
週に1回、みんなで手を動かしながら楽しく過ごしています。
この時期にしか身に付けられない
手先の器用さ、集中力、応用力、触覚、色彩感覚を
心・体・思考の成長とともにバランスよく育てていきます。

2019年度、今現在、火曜日クラスの空きが2名(ご兄弟の場合は3名まで)ありますので、
ご希望の方はお早めにお申し込みください。

2020年度の募集も始まっています。



こびとのおうち (052)833-2833      http://www.kobito-ouchi.jp









造形クラス 7月2019/08/22

7月は、フインガーペイントをしました。

始めの週は、色の三原色を使って指先、手のひらの感触を味わう体験です。
絵の具の扱いや、約束すべきこと確認してから描き始めました。


黄色の丸を中心に、青、赤とのせていきます。


丸がどんどん広がって、重なった所に新しい色が生まれる
面白さ、不思議さにどの子も熱心に引き込まれていくようでした。

余白には手形をペタペタ付けたり、もう一度、色を混ぜて確認をしたり
丸を、どんどん大きくしたり
大きな紙のスペースを楽しんでいました。


絵の具の感触と、自由に動く手の平を全部使い、
はみ出しても大きな紙の上ならどこに描いても失敗ではない…。
目を光らせて無心に描く姿の子ども達が印象的でした。

夢中になって手を動かしていた子達の中にはおしまいの時間を告げると
「もっとやりたーい!」と言う声がたくさんあがりました。


次の週は、さらに大きな紙で手のひらお絵かき。
お友だちの色の上に 自分の色を重ねててできる混色を楽しみました。。


その後は、子どもたちそれぞれの発想で、丸と丸を繋げて迷路を作ったり、
りんごや人の顔など丸い形から連想する絵を描いていきました。

2週に亘って指や手のひら全体での描き方や描ける線、面、の違い、
色の作り方をしっかり体験しているので、皆、創造的でダイナミックなペイントを
楽しむことができました。


最後の週は、指スタンプです。


青く塗った画用紙に指スタンプを押していきます。
特に幼児さんは、小さくて可愛い指なので大きな魚はなかなか埋まりません。

休憩したり、楽しくおしゃべりしながら
トントントン…、と、次第に集中していきました。


仕上げには、海の中の海藻や、岩、魚のあぶくなど、
イメージしたものを描くと、より海の中に見えてきます。


目を入れると、魚の表情も生き生きして見えます。



絵本の中の一コマに出てきそうなカラフルなお魚さん達ですね。


こびとのおうち造形クラスでは、
年少さんから小学2年生くらいまで(北あじまクラス、緑クラスは6年生まで)、
週に1回、みんなで手を動かしながら楽しく過ごしています。
この時期にしか身に付けられない
手先の器用さ、集中力、応用力、触覚、色彩感覚を
心・体・思考の成長とともにバランスよく育てていきます。

2019年度、今現在、火曜日クラスの空きが2名(ご兄弟の場合は3名まで)ありますので、
ご希望の方はお早めにお申し込みください。



こびとのおうち (052)833-2833      http://www.kobito-ouchi.jp

造形クラス 6月2019/07/22

6月は、和紙染めをしました。
毎年恒例の体験ですが、どの子もテーブルの上に乗っている絵の具に興味津々。

色と色を混ぜるとどんな色が出来るのか、
目の前で先生が三原色の絵の具をそれぞれの器に注いでいく様子を
皆真剣な表情で注目していました。


器に紙を浸して滲んでくるまで待ちます。


同じように折って浸してもちょっとの時間差で
染み込み具合が違い色んな模様になるのが素敵です。



2週目は、染め紙の模様が涼し気なうちわを作りました。
裏紙の模様の 今年のテーマは「花火」。


細かいパーツもありましたが、放射状になるよう、注意深く丁寧に
貼り進めていきました。


華やかで素敵なうちわの完成!


3週目も毎年恒例の七夕飾りを作りました。
ハサミとのりの練習としても、とても適しています。

四角、三角、輪っかになる直線・・・
線に沿って真っ直ぐにはさみを動かします。

のりは決まった指で量を加減しながら取るのがなかなか難しい様子でしたが、
繰り返し行ううちにとても上手に貼れるようになりました。





造形クラスでは、年少さんから1年生までの子ども達が毎回同じ素材を使い、
テーマや目的に沿って作品作りをしていますが、
ひとりひとりの性格や、技巧性に合わせた細やかな指導で子ども達の感性を育んでいます。
「集中して物事に取り組む力」、「自分の仕上げたかたちを想像してそのために
何度も工夫を重ねていく力」 がどんどん育っていくのを実感しています。


今年は笹の葉が手に入ったので、飾りとともに持ち帰りました。


風に揺れる笹飾りを見ながら、七夕の季節を感じてくれたらと思います。



こびとのおうち造形クラスでは、
年少さんから小学2年生くらいまで(北あじまクラス、緑クラスは6年生まで)、
週に1回、みんなで手を動かしながら楽しく過ごしています。
この時期にしか身に付けられない
手先の器用さ、集中力、応用力、触覚、色彩感覚を
心・体・思考の成長とともにバランスよく育てていきます。

2019年度、今現在、火曜日クラスの空きが2名(ご兄弟の場合は3名まで)ありますので、
ご希望の方はお早めにお申し込みください。



こびとのおうち (052)833-2833      http://www.kobito-ouchi.jp





造形クラス 5月2019/06/28

5月の造形クラスは、折り紙遊びです。

今年度は画用紙を部屋に見立てて
折り紙で家具をつくり自分のイメージするこびとさんのお部屋を作りました。


「角と角をきちんと合わせよう。」
「折り目にしっかりアイロンをかけてね。」
折り紙を作る時の基本ですが、一つ一つの過程を
きちんとていねいにしていくことが大切だと伝えています。

年少さんはまだつたない小さな手を、一生懸命動かして
先生と同じように真似をしてくれます。

年長さんや1年生の早く折れる子は、どんどん新しいものをつくっていきました。


何度も何度も繰り返しているうちに
「お山とお山をくっつけて…、アイロンかけて…」
と、言いながら作る姿も見られました。


先生から折り紙のこびとさんを貰って
目と口を描きました。
折り紙ハウスのかわいい住人です。

机とピアノを作ったら、いすをもう一つ作ろうかな・・・
ここはご飯を食べる部屋!
ベッドも欲しいから作ってみよう・・・

ひとりひとりのイメージがどんどんふくらんでいきました。


こびとさんの数だけベッドや机など増やしたり、
1人ずつ名前をつけて、名前入りの旗を作った子もいました。


応接室のようにいすが沢山並んでカラフルです。
床に模様も付けました。


本棚の中に並べる本を沢山置きたいと
いくつか作った子もいました。
イラストや、ちょっとしたストーリーを描くことに
夢中になり、楽し気です。


部屋と部屋をくっつけて、行き来できるようにしたいなぁ…
という希望がありましたので、くっつけて扉になるところを
切りました。
より、全体が見やすくなり、楽しく遊べそうですね。


柄の付いたカーペットや小物を貼ってにぎやかに…。
お部屋のイメージの違いがそれぞれですね。

持ち帰る時には保護者の方々に自分がこだわったところや、
頑張って作ったことをお話ししている様子が見られました。

折った後にさらに遊びが広がる折り紙遊びは
男女も年齢も関係なく、皆が自由に楽しめました。
子どもたちの可愛らしい発想や創造力は素晴しいですね。



こびとのおうち造形クラスでは、
年少さんから小学2年生くらいまで(北あじまクラス、緑クラスは6年生まで)、
週に1回、みんなで手を動かしながら楽しく過ごしています。
この時期にしか身に付けられない
手先の器用さ、集中力、応用力、触覚、色彩感覚を
心・体・思考の成長とともにバランスよく育てていきます。

2019年度、今現在、火曜日クラスの空きが1名(ご兄弟の場合は3名まで)ありますので、
ご希望の方はお早めにお申し込みください。



こびとのおうち (052)833-2833      http://www.kobito-ouchi.jp